LIMONTA

使うのはイタリア・リモンタ社の
高級ナイロン

今回のカプセルコレクションにあたり、AOUREはモダンな表情を持つナイロン素材を採用。それは一流メゾンが絶大な信頼を寄せる、イタリア・リモンタ社の高級ナイロンです。高密度に織られた滑らかな手触り、美しい艶と高い耐久性をもち、さらにはレザーとのコンビネーションが映えるリモンタ・ナイロンは、 現代のビジネスパーソンに必要な品格とモダンを体現するに相応しい素材です。

DETAIL

細部にまで至る
こだわりの職人仕事

ディテールには伝統あるメゾンが培ってきたクラフツマンシップが息づいています。HUNTING WORLDロゴと、そのアイコニックな牙のない小象のマークはシリコンパーツによって再現され、ロゴのエッジにはHUNTING WORLDのキーカラーであるイエローを配するなど、細かい部分にまでこだわりました。コンビ使いされるレザーパーツにも、厳選されたスムースレザーを採用しスタイリッシュに仕上げています。

2WAY BUSINESS BAG

ニューノーマル時代に持ち歩きやすい
コンパクトサイズのブリーフケース

ビジネスマンの日常使いをイメージしたブリーフは、ペーパーレスの時代に向け現代的なサイジングを研究したもの。その結果、従来よりマチは薄くコンパクトにモダナイズされました。仕事に欠かせないタブレットや電子機器、ガジェット類を機能的に収納できるよう、内装には複数のポケットも配しました。さらに縦横持ちできるハンドルとともに、両肩で背負えるショルダーハーネスを備えた2WAYスタイル。出張時などに持ち歩く利便性を考慮して、スーツケースにセットできるスリーブも配置されています。

BACK PACK

多様化するビジネススタイルに
フィットするバックパック。

アクティブに活動する人のため、ビジネスリュックをベースに開発された収納力ある「BACK PACK」。このタイプはスーツに合わせることを前提にしたデザインが多いなか、あえてスーツに限らずビジネスカジュアルにも合わせやすいデザインを目指し、新時代のビジネスパーソンに相応しいサイズとデザインを再構築しました。そこで今回、薄マチを採択することで、スタイリッシュなルックスを実現。トップを開けずにサイドからもメインの荷室にアクセスできるファスナーを装備し、大容量のアウトポケットを備えています。

PORTABLE PC CLUTCH BAG

あえて最低限のサイジングにこだわった
デジタルガジェット用クラッチ。

リモートワークに欠かせないA4サイズのノートPCを持ち歩くことに徹した「PORTABLE PC CLUTCH BAG」は、あれもこれも持ち歩こうとすることで不格好に膨れ上がるクラッチバッグへのアンチテーゼです。ノートPCもしくはタブレットと、必要最小限の小物類の収納を計算して、バッグの形を崩さずスマートなままでいられる大きさにこだわりました。ジップ式のアウトポケットを備え、内装にはフェイクスエードのライニング、片手で持ち歩いたときにもスマートに持ち歩けるよう底部にハンドルも備えています。

ABOUT HUNTING WORLD

HUNTING WORLDは、冒険家である創設者ロバート・M・リー(通称:ボブ・リー)が、1965年に設立したブランド。アフリカでサファリツアーを経営していたボブ・リーは、ツアー客が持参するバッグや、自らが世界中を旅する中で、当時主流であったキャンバス製のバッグの機能面に不満を抱き、やがて自らの経験から冒険を共にすべきバッグの開発に着手します。こうして完成したのが過酷な環境下でも荷物を守る理想の生地として開発したオリジナル素材「バチュー・クロス」でした。軽くて耐久性の高い素材開発と使いやすい機能デザインを生み出すラグジュアリーなバッグブランドは、当時としては画期的な存在だったのです。

「バチュー・クロス」を用いた製品はそのクオリティを担保するため、熟練した職人が集うイタリア・フィレンツェの小規模なファクトリーで、ひとつずつ手仕事で制作されています。その品質へのこだわりと、高いデザイン性、ディテールのひとつひとつにまで目の行き届いたクラフツマンシップは、いまも変わらぬHUNTING WORLDの矜持。ブランドを拡大した今日もなお、その精神はすべてのコレクションに貫かれ、世界中のファンから支持されています。

HUNTING WORLDは、冒険家である創設者ロバート・M・リー(通称:ボブ・リー)が、1965年に設立したブランド。アフリカでサファリツアーを経営していたボブ・リーは、ツアー客が持参するバッグや、自らが世界中を旅する中で、当時主流であったキャンバス製のバッグの機能面に不満を抱き、やがて自らの経験から冒険を共にすべきバッグの開発に着手します。こうして完成したのが過酷な環境下でも荷物を守る理想の生地として開発したオリジナル素材「バチュー・クロス」でした。軽くて耐久性の高い素材開発と使いやすい機能デザインを生み出すラグジュアリーなバッグブランドは、当時としては画期的な存在だったのです。

「バチュー・クロス」を用いた製品はそのクオリティを担保するため、熟練した職人が集うイタリア・フィレンツェの小規模なファクトリーで、ひとつずつ手仕事で制作されています。その品質へのこだわりと、高いデザイン性、ディテールのひとつひとつにまで目の行き届いたクラフツマンシップは、いまも変わらぬHUNTING WORLDの矜持。ブランドを拡大した今日もなお、その精神はすべてのコレクションに貫かれ、世界中のファンから支持されています。

目指したのは「自然との共生」と
サステナブルな社会実現に向けた支援活動

ボブ・リーは、人間と野生動物が共存できる社会を目指し、密猟の管理や、希少動物の保護政策を制定するなど、「自然との共生」を信念としていました。HUNTING WORLDは、その精神を引き継いだ様々な活動に取り組んでいます。現在では、森林環境の保全活動や保護されたゾウの飼育支援など、チャリティグッズの販売による支援金サポートを行っています。さらに野生生物の救助に必要な四輪駆動車や調査船を寄贈する物資サポートなど多角的に取り組んでいるのです。

VIEW ALL